【2021年度最新】コロナ持続化給付金も課税対象?中古車購入のメリットとデメリットは?

【2021年度最新】コロナ持続化給付金も課税対象?中古車購入のメリットとデメリットは?

コロナ禍における持続化給付金は課税対象となっていますね。節税対策として、中古車を購入するかどうか迷われている方、中古車を購入することが本当に節税になるのか不安な方もいらっしゃるかと思います。

あなたの大切な会社の資産をより多く残すために中古車購入を考えているならば、その仕組みについて理解しておく必要があります。節税対策としての中古車購入のメリットとデメリットについてみていきましょう。

なぜ中古車購入が節税対策となるのか?

【2021年度最新】コロナ持続化給付金も課税対象?中古車購入のメリットとデメリットは?

まずどんな中古車でもいいわけではありません。よく「4年落ちのベンツ」がいいと言われていますが、その理由を説明しましょう。

まず、「4年落ち」とは、4年前に販売された車という意味です。「ベンツ」とは資産価値の下がりにくい車のことを指しており、もちろんベンツ以外の車でもいいです。

この「4年」という数字は固定資産を減価償却するときの基準となる「法定耐用年数」と関わっています。4年以上前に販売された中古車の場合、その車の取得費用の全額を1年間で償却し、損金にすることができます。そうすることで益金と損金が相殺でき、支払うべき法人税が節税できます。

 

万一、経営赤字になり資金繰りのために中古車を売却することになった場合、売却により益金となります。もしそれが経常利益800万円以上となった場合には、課税対象となってしまうのですが、そのときには、益金と損金の相殺のために、再び「4年落ちのベンツ」を購入することで法人税を節税できる、という仕組みです。

 

この仕組みを理解した上で、あらためて中古車購入のメリットとデメリットを確認していきましょう。

 

中古車購入のメリット・デメリット

【2021年度最新】コロナ持続化給付金も課税対象?中古車購入のメリットとデメリットは?

3つのメリット

1 中古車購入費用の全額を1年間で減価償却できる

節税目的で社用車を購入する場合、定率法によりその購入費用の全額を1年間で償却し、損金にすることができるので、支払うべき法人税を節税できます。

2 自社の節税計画に合うものを見つけやすい

固定資産の中でも中古車は、メーカー、車種、年式によって値段はさまざまで価格帯が広いので、節税計画に合ったものを見つけやすいです。

3 個人の資産として移転できる

社用車として使用後、条件はありますが個人の自家用車として買い取ることができます。そうすることで、償却による節税の効果だけでなく、個人の資産にもなり、個人で購入するよりも安く中古車を手に入れることができます。

 

3つのデメリット

1 購入時期に注意

定率法による減価償却は、月割りの償却なのでその期に保有していた月数分だけを減価償却として損金に計上することになります。つまり決算月になってあわてて中古車を購入しても1か月分しか償却できないため、残りの11ヶ月分は、翌年の経費となってしまいます。いまが購入時期としてふさわしいかどうか見極める必要があるでしょう。

2 資産価値のある車を選ぶ必要がある

いざ資金繰りのために保有している中古車を売却しようとした際、購入時よりも資産価値が下がってしまいお金にならないといった可能性があります。そうなると、もはや節税ではなく損をしてしまったことになります。資産価値の下がりにくい車選びが重要となりそうです。

 

3 維持費がかかる

自動車はさまざまな維持費がかかります。自動車税、自動車保険料、車検代、ガソリン代、駐車場代など、年間で支払う維持費も念頭に入れておく必要があります。節税対策のためだけに購入するのではなく、普段の生活や業務で使用する目的があり、自社にとって車が必要かどうかを見極めましょう。

 

中古車購入を決めたら、どんな中古車を選ぶべき?

【2021年度最新】コロナ持続化給付金も課税対象?中古車購入のメリットとデメリットは?

条件①:4年落ち中古車を選ぼう

最初に説明したように、自動車のような固定資産は「法定耐用年数」によって、毎年の減価償却費用が決まります。耐用年数が短いものほど、1年で損金にできる金額が大きくなります。中古車の法定耐用年数は、以下の通りです。

年式耐用年数定率法の償却率
新車6年0.333
中古車 1年落ち5年0.4
中古車 2年落ち4年0.5
中古車 3年落ち3年0.667
中古車 4年落ち2年1
中古車 5年落ち以上1年1

 

耐用年数表を見てわかる通り、中古車の4年落ち以上は償却率が「1」、つまり100%、1年で全額減価償却できるということになります。このため新車よりも中古車、中古車なら4年落ちを選ぶべきといわれます。最近の車であれば、4年落ちでもグレードが高く、状態の良いものが多いです。

>>【知らなきゃ損!?】お得な中古車の選び方や購入のポイントを解説!

条件②:資産価値の下がりにくい車種を選ぼう

さきほどデメリットでも説明した通り、売却時に資産価値が下がってしまい、大きな損失がでてしまったら節税ではなくなってしまいます。

よって、将来売却することを想定して資産価値の下がりにくい車を選ぶことが大切です。

まずは、「4年落ちであるか」さらに、「資産価値の下がりにくい車か」を確認して中古車選びを進めていきましょう。その際、信頼できる中古車の買取業者がいれば、その方に聞くのがよいでしょう。

 

まとめ

【2021年度最新】コロナ持続化給付金も課税対象?中古車購入のメリットとデメリットは?

コロナ禍において大切な会社の資産をより多く残すため節税対策は大切です。持続化給付金も課税対象のため節税対策として中古車購入を考えている方にとっては、会社の経営状況や節税計画に合った中古車選びをすることで、より節税効果を期待できるでしょう。

中古車の販売・買取は合同会社アドステラプロモーションにお任せ!

【2021年度最新】コロナ持続化給付金も課税対象?中古車購入のメリットとデメリットは?

欲しい中古車を安く購入したい。

法人の節税目的や持続化給付金で法人名義の中古車を購入したい。

 

急なお引っ越しや転勤で今すぐ現金が欲しい。そんな時は合同会社アドステラプロモーションが簡単LINE査定や現地査定で貴方の大事なお車をすぐに買取見積もり致します!

 

高価買取も可能です!

 

更に、買取のご契約が成立しましたら即日現金払いで買取可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

 

LINE ID @541wvuqy(LINE簡単査定)

電話番号 090-8564-2463(担当 : 臼田)

 

 

関連記事

  1. 意外と知らなかった!?ドヤ顔で語れる自動車の雑学や豆知識を大公開!

    意外と知らなかった!?ドヤ顔で語れる自動車の雑学や豆知識を大公開!

  2. 2021年最新版コロナ禍で車買取価格高騰!?中古車査定がオススメ!?今売り時です!

    2021年最新版コロナ禍で車買取価格高騰!?中古車査定がオススメ!?今…

  3. あなたは何色がお好き?自動車で人気のカラーやトレンドの色を知りたい!

    あなたは何色がお好き?自動車で人気のカラーやトレンドの色を知りたい!

  4. 【知らなきゃ損!?】お得な中古車の選び方や購入のポイントを解説!

    【知らなきゃ損!?】お得な中古車の選び方や購入のポイントを解説!

  5. 【男の憧れ高級SUV】ランドクルーザー、Gクラス比較

    【男の憧れ高級SUV】ランドクルーザー、Gクラス比較

  6. 【今すぐ現金が必要!】中古車を即日で現金買取してくれる業者はある?愛車をできるだけ高く売るためのポイントは?

    【今すぐ現金が必要!】中古車を即日で現金買取してくれる業者はある?愛車…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。